Header image header image 2

アマチュア無線|周波数やMODE

周波数やMODEでは、アマチュア無線を運用する周波数やMODEへの拘りサイトを集めています。
6mバンド50MHzはマジックバンドとも呼ばれており、夏場のEスポを利用した国内交信、海外との交信、流星通信もあります。160mや18Mhzもこだわり派の多い周波数です。
MODEとしては電信や電話がありますが、ここでは「衛生通信」「月面反射通信(EME)」「流星錯乱通信」の情報を集めてみました。
50MHzリアルタイム情報 JAMSAT
周波数別楽しみ方アラカルト
高速CWによる流星散乱通信の概要
50HMz
  50MHz関係のリアルタイム情報,50MHzリアルタイム情報,6mリアルタイム情報,50MHz移動/固定局掲示板,6m移動/固定局掲示板,6mAMリアルタイム情報
日本アマチュア衛星通信協会
  日本アマチュア衛星通信協会(JAMSAT)では、世界中のアマチュア衛星団体と協力し、アマチュア衛星の製作、有人衛星からのアマチュア無線の運用の支援などを行っています。

JAMSAT,衛星,OSCAR,AMSAT,SAREX,ARISS,アマチュア無線,アマチュア衛星,スペースシャトル,衛星通信,衛星製作,地上局

周波数別楽しみ方アラカルト
アマチュア無線で運用できるバンドには周波数ごとにさまざまな特徴があります。  ここでは、バンド別の特徴について簡単に紹介しましょう。  ここに紹介した各バンドより、さらに高い周波数帯にもアマチュア無線が運用できる周波数帯がありますが、ここでは運用者の多い周波数帯をピックアップしています。
1.9MHzバンド
電信専用のバンドなので、第3級アマチュア無線技士以上の資格がないと使用できません。昼間は地表波による伝搬が中心で、夜間から早朝にかけて電離層反射による伝搬をします。
  夜になると、遠くの放送が聞こえてくる中波放送(AMラジオ)の電波の飛び方と非常に似ています。
 流星散乱通信について皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?。
おそらく私たちが想像するのは、「主に6mSSB等で行われるQSOで、流星群を必要とし、いつでもできるものでなく、流星の情報など天文学の基礎知識が必要」ということではないでしょうか。
ところが、ヨーロッパや北米では2mを中心に高速CW(HS−CW)による流星散乱通信が中心で、このモードでは多くのハムが流星群を待たずにいつでも交信をしているということを知りました。
今回は、ヨーロッパはもとより、北米でも静かなブームを呼びつつあるこれら「流星散乱通信」の世界をインターネットで提供される各種情報、ソフトウエアなどを紹介していきたいと思います。
6m情報タウンページ
6m情報タウンページ
アマチュアの衛星通信
アマチュアの衛星通信
JA6AHB EME STATION
JA6AHB EME STATION
新160m
新160m

6m情報タウンページ

6m好きの皆さんで作る情報発信&情報交換のページです。どんどん盛り上げて行って下さいね。
・6m情報&画像掲示板
〜移動運用予定や移動地紹介・風景画像等、皆さんの情報交換の ためのページです〜
・6m移動一行伝言板 
〜移動運用時の連絡・伝言等、6mの情報交換の場としてお使い下さい〜
・Wanted JCC&JCG
〜JCC&JCGを追いかけるこだわり6mマンのページです〜 「新市郡WANTEDランキング」、「6mJCC/JCG CFMランキング」もこちら

アマチュアの衛星通信

[宇宙への扉]を開いていただきありがとうございます。
上の写真のアンテナから、人工衛星、月、火星などの惑星に向かって電波を発射していますが、今のところ、人工衛星で中継されて地上に降ってくるアマチュア無線の信号しか受信できていません。もし、地球以外に地球人と同じ、または、それ以上の頭脳をもった生命体が存在したら、必ず、地球人にむけて何らかのコンタクトを試みているに違いありません。何億光年もの遥か宇宙の彼方からET、 UFOなど夢のある話ではありませんか。
JA6AHB EME STATION

EME = Earth Moon Earth = Moon bounce
EL押し上げ用のツッパリ。曲げに強くするため山形鋼を組み合わせています。これで2m四方の デイッシュベースを4カ所で支持することになり、フイードの支持は全てこれに頼っています。また 捻れは勿論、風圧による揺らぎ・AZ−EL駆動による揺らぎが無いので、ハンチングがありません。
駆動電源はAZ−ELともAC−100v・100ms/pls、1pls毎に電動ブレーキをかけ、計算値−0.175度以内になるまで追尾を続けます。2m円周上の3mm/bit駆動に2ないし3plsを必要とします。
新160m

160mバンドの呼び名は色々ある。
日本では「160メーター」叉は「1.8メガ」と言い、外国では「One Sixty」または「Top Band」と呼んでいる。日本でも「トップバンド」と呼ぶ人もいる。WACのアワードやコンテストの賞状には「1.8Mhz」と書かれる。   その昔、無線の黎明期には、アマチュアは波長200m以上を使うべし、とされて長波から追い出され、おかげで短波が遠くまで飛ぶことを発見したわけだが、その200m以上にアマチュアバンドが割り当てられたときに、160mは一番最初のバンドなので「TopBand」と呼ばれたのである。数あるアマチュアバンドの中にあって、最高のバンドだ、と言うことの意味もあるようだ。
こだわり18MHz!
こだわり18MHz!
JavaScriptで人工衛星の位置を表示する
JavaScriptで人工衛星の位置を表示する
Welcome to Earth-Moon-Earth Home Pages. Earth-Moon-Earth
HS CW HS CW
こだわり18MHz!

皆さんは、18MHzにQRVしたことがありますでしょうか?私は、1996年頃から始めてみました。
最初は、面白半分でしたが、いつの間にかのめりこみ、ブーム長16mの6エレモノバンドヤギ を建ててしまうほどでした。
勿論、そこには何かの魅力があったからなのですが、是非とも皆 さんにも、この18MHzの魅力を理解してもらい、18MHzにQRVしてくれる方が増えることを楽 しみにしています。それでは、18MHzの魅力について迫ってみることにしましょう!
JavaScriptで人工衛星の位置を表示する

JavaScriptで人工衛星の位置を計算して地図上に表示します。
月周回衛星「かぐや」(SELENE)の軌道についてはJAXAの軌道データ提供システムをご覧ください。
最近30日間に打ち上げられた衛星  国際宇宙ステーション  明るい衛星 気象衛星  ゴーズ  地球資源衛星  追跡データ中継衛星  捜索救助衛星 静止通信衛星  アマチュア無線衛星  運用中のGPS衛星  ガリレオ衛星 科学衛星  測地衛星  技術衛星  キューブサット  その他の衛星 を表示します。
Earth-Moon-Earth

Welcome to Earth-Moon-Earth Home Pages.
Earth-Moon-Earth,earth,moon,EME,HAM,RADIO,月面反射,月面反射通信
HS CW

High Speed C.W. via Meteor Scatter
Discover the excitement!
HSCW makes it possible to work DX on 144 Mhz at almost any time.
What does it sound like?
Want to learn more about HSCW?
HSCW via Meteor Scatter - THE BASICS
Equipment needed for HSCW via MS
Important HSCW Web links
European/Perseids DX-peditions '98
 || IBP Beacon 14MHz ||  || IBP Beacon 18MHz || || IBP Beacon 21MHz || || IBP Beacon 24MHz || || IBP Beacon 28MHz ||