Header image header image 2

アマチュア無線 通信型受信機

アマチュア無線 通信型受信機では、9R42や9R59に代表される(高1中2)高周波1段、中間周波2段増幅の受信機を始めとした、アマチュア無線の受信機として活躍していた受信機を紹介しています。
9R42J 古い通信型受信機の紹介 通信型受信機〜TRIOトリオ9R-59DSレストア日誌 高1中2通信型受信機
9R42J

このシリーズは9R−4Jと9R−42Jがあり、球付き完成品と球なしキットの4タイプが販売されていたようです。下記タイプがありました。 (当時の店頭広告より抜粋)
  9R− 4 JC 球なしオールキット
  9R− 4 JB 球 付 き 完 成 品
  9R−42JC 球なしオールキット
  9R−42JB 球 付 き 完 成 品
  9R-4Jは、オールバンドで9R-42Jは1.6〜3.5MHzが抜けています。手にしたのは、オールバンドではなく、まぬけな受信機、タイプ9R−42JCでした。
  こうしてあるのはコンディションによるQSYを簡単に出来る為なのだそうです。なるほど!まぬけにも操作面優先という理由があったということです。いろいろ聞いて楽しむなら4Jの方がお勧めです。・・・といっても今更こんなラジオを手にしようとする方は、私みたいに物好きくらいしかいないと思いますが・・・
古い通信型受信機の紹介

Eddystone EC-10
Hallicrafters S38
Hammarlund SP600-JX
Hallicrafters S-20R
Hallicrafters S-40A
Hallicrafters S22R Skyrider Marine
Hallicrafters SX-110
Hammarlund HQ-100A
National HRO-500
National NC-57
Collins 75S-3B
Collins 51-S1
Collins R-390A
Collins R-648
AN/GRR-5(通称 アングリー5)
Drake SPR-4
通信型受信機〜TRIOトリオ9R-59DSレストア日誌

大阪万博の1970年代、トリオ(TRIO、現在のKENWOODケンウッド)から、高一中2の典型的な真空管式短波(中波含む)受信機が発売されていた。「秋の夜長のDX(遠距離受信)に!!」なあんて無線オタクのハートをくすぐるようなキャッチフレーズで...
組立キットだった「9R-59D」の後継機「9R-59DS」は完成品で、\29,800円だっと思う。金欠無線少年には手の届くものではなく、無線雑誌の広告を見てはいつもため息をついたものだった。
高1中2通信型受信機

高1中2というのは高周波増幅1段、中間周波増幅2段のスーパーラジオということです。
高周波増幅を重ねると動作 が不安定になるので周波数を455Khzに変換してやり中間周波を安定的に増幅、しかるのちに検波、低周波増幅を
行います。
さらにこの受信機はSSBやCWを復調するための発信器であるBFOがついています。
バンドはアンテナコ イル、RFコイル、局発コイルをロータリースイッチで同時に切り替えることによって中波、短波を4つのバンドに分割して カバーします。
素人が作ることのできる真空管受信機ではこの高1中2あたりが最高峰といえるでしょう。
JA1VBN's Trio 9R4 Receiver TRIO 9R-42J 受信機 実体配線図&回路図 高1中2 通信型受信機

JA1VBN's Trio 9R4 Receiver

1950年代に日本からカナダに輸入され、約40年間カナダで使用されたこともあり、カナダ製の真空管が目立つ。 真空管試験機TV-7 のチェック結果では、ほとんどの真空管は規格以内であったが、6Y6GTのみ規格を割っていた。オリジナルでは電源トランスの二次側の高圧トランスが300Vの巻線から供給しているため、高目の電圧で動作しているからかも知れない。ちなみにプレート電圧は電圧は306V、カソード電圧は13.3V、カソード抵抗は250オームであるので、プレート損失Pdは
Pd = (306-13.3) * (13.3/250)=293V*53mA =15.6W
15.6Wとなり規格の14Wをオーバーしていた。どのような理由でこのように設定したか分からないが、私の持っている回路図では250Vのタップを使っており、このタップに変更する事とした。
つづく

TRIO 9R-42J 受信機 実体配線図&回路図

春日無線
キング・オブ・ホビーと言われていたかつてのアマチュア無線。そんな時代を作り上げた『春日無線(TRIO)』の機器を紹介します。
TRIO 9R-42J 受信機 実体配線図&回路図
TRIOで販売されていた9球スーパー(高一中二)通信型受信機、9R-42Jの実体配線図です。
高1中2

受信機の構成は早い話が典型的な高1中2である。今さらこんなものを作ってもと思うが、三十数年前と同様な構成でどの程度、より実用的なものができるか試してみたい。送信機と組み合わせて10MHzのCW-QSOで使うことが目標である。この受信機とペアになる真空管式の送信機の製作も面白いかもしれない。その他、短波放送の受信にも使いたい。プレート、スクリーンは全て安定化して供給したい。スタビロでも良いし、トランジスタ化してもよい。ヒーターは安定化した直流電源で供給する。
周波数表示はメカニカル方式だとダイアル周りの機械加工に自信がないが、PICを使い局発を計測してIF分をシフトさせたデジタル表示方式にすれば簡単に実現できそうである。
通信型受信機

通信型受信機総評
  まだ、完成された技術ではないがDSPレシーバーが登場し、通信型受信機の主流もDSPに移行しつつある。日本無線のNRD−545に至っては、混信/雑音除去機能は出尽くした、これ以上ないだろうという感さえある。本当に完成度の極めて高い受信機である。将来、どのように発展していくのか非常に楽しみだ。
  AOR社、AR7030の中波帯の受信に関する評判が各方面で好評だったので、期待していたのだが期待に添えるものではなかった。それぞれ受信環境の相違もあろう。私の個人的な感想としては、本当に中波帯の感度は落としていないのか? 単に使用アンテナとの相性の問題なのか? むしろ先行機種のAR3030の方が中波帯に関しては一枚上手だ。こういう感じだ。あくまで、私の個人的な感想としてだが・・・・。
つづく
 || IBP Beacon 14MHz ||  || IBP Beacon 18MHz || || IBP Beacon 21MHz || || IBP Beacon 24MHz || || IBP Beacon 28MHz ||