Header image header image 2

レストア&自作

「レストア&自作」にはアマチュア無線用のリグをレストア、あるいは自作を紹介するサイトを集めています。
アマチュア無線機器のレストアでは、JA1VBN花澤さんの「Welcome JA1VBN Junk Page」はピカイチです。 Washed by Water (水洗を行った) はビックリしました。JG1XLV荒井さんのコリンズのレストアー・クリーニングもコリンズファンには見逃せません。
自作も各局のこだわりのある製作記事が盛りだくさんで楽しませて頂けます。
JA1VBN Junk Page コリンズのレストアー・クリーニング(送受信機編)JG1XLVさん ハマーランド HQ-110 レストア/JA0IAAさん
Welcome JA1VBN Junk Page (VY FB)

  98年8月7日カナダより9R-4届く。船便で一月弱しかかからず、予想外に早かった。
さっそく、チェックを行った。シャーシを下からケースに止めているネジが無かった。この状態で本体が逆さまになって運ばれたため、トランスの重さでパネルの補強金具が曲がっていた。さらに、ヒューズフォルダーが壊れていた。 これらを直し電源を投入することとした。ちょっと怖いので、最初にAC-20V位から徐々に電圧を上げて行き、ヒーター電圧、 B+の高圧等を確認し、AC入力相応の電圧が出ている事を確認…
コリンズのレストアー・クリーニング

  コリンズ・ファンに贈るページです。
まずは、Sラインのレストアーの様子を順番に紹介しましょう。
32S-1,75S-1改,75S-3B,R4C洗浄・クリーニングのため、 ダイヤル、メーターなどを外したワークベンチの上の75S-3B受信機
XCELITE社 PS99-60レンチセット
この状態からアンモニア希釈液で洗浄。
その後、十分な水洗い、ドライヤーで乾燥。
それから天日で約1週間かけて乾燥させます。
Welcome to JG1XLV

The real thrill in amateur work comes not from talking to stations
in distant lands,not from receiving mulititudes of QSL cards from all the world,
although there are things to stir your imaginations,
but from knowing that by careful and painstaking work and
dilligent and systematic study you have been able to accomplish some feat
or establish some fact
that is a new step toward more perfect communications .
JA0IAA's Homepage

  リグや測定器のレストアを楽しんでいます。
  レストアを終え、データを公開できるリグのみリンクしています。リグは所持していますが、手を加えていないものも含みます。
  現在はV/UHFのみですが、HFは時期をみて順次公開します。TENHAM-40、TENHAM-15、 RJX-601、W-151D、 TR-3200、VB-3200、 QP-220、TR-2300
SR-C806G、MG-22、 RX-9S、IC-202、 IC-2600D、FT-2F、 FT-224、MULTI-800S、 TR-9300、MULTI-U11、    more.....
JR1IUAさん
JR1IUAの部屋
ラジオ工房
ラジオ工房
おじさんのラジオ製作教室
おじさんのラジオ製作教室


JR1IUAの部屋

37年以上続いている趣味のまとめです.
HP制作の練習のつもりで開設しました.気楽に覗いてください.new !
自作リグ & ETC
favorite
電鍵
真空管
受信機製作大作戦 
軍用受信機
あんなことこんなこと
JR1UIAの沿革
プロフィール
ラジオ工房

9R4と9R42の違いは受信周波数帯の違いで、9R42は2セレクションバリコンを使っているので、中短波帯が受信できませんが、アマチュアー局には向いています。
一方9R4は中短波帯を含む535Kcから30Mcまで連続で受信できるので、漁業無線にも使われたようです。
6BD6 6BE6 6BE6 6SK7GT 6SK7GT 6SQ7GT 6V6GT 5Y3GT。
なお整流に5Y3など直熱管を使うとSメーターがSW ON時、一時的に振り切れるので、精神的に悪い。
おじさんのラジオ製作教室

1 はじめに
2 実践並四ラジオの製作
3 実践5球(4球)スーパーラジオの製作
4 実践ゲルマラジオの製作
5 実践500円ゲルマラジオの製作
6 NEW 実践超高感度ゲルマラジオの製作
7 実践ICラジオキットの製作
8 実践7石スーパーラジオキットの製作
9 実践7石格安スーパーラジオキットの製作
10 実践真空管アンプの製作
11 実験 アンテナコイル
12 実験 局部発振コイル
JA9CDEさん
JA9CDE自作を楽しむホームページ
真空管顛末記
真空管顛末記
JJ1ILRさん
自作トランシーバ
7L4WVUさん
7L4WVU 自作アマチュア無線局
JA9CDE自作を楽しむホームページ

無線雑誌がどんどん廃刊になっていき、代わりに団塊世代向けを意識した懐かしい製作記事の雑誌が復活してきました。
  団塊世代の製作再入門から、電子工作少年まで楽しめる雑誌を目指して、自分で雑誌を作っています。
   雑誌の名前は- 無線と製作-発行は月に1回を予定しています。このページを愛読していただいている読者も少しずつ増えてきました。とても励みになっています。

真空管顛末記

「真空管」という名前の響きは、僅か50年の間に本当に遠い昔のことになって仕舞いました。今では、限られたオーディオ・マニアが制作する真空管ステレオ・アンプの増幅真空管として、その名を維持し続けているだけです。そんな「真空管」を集めて鎮魂歌を捧げようとしている「真空管」を愛する一老兵です。
真空管物語 日本製真空管データー・ベース 外国製眞空管データー・ベース 真空管資料

自作トランシーバ

TRX-3 50MHz VXO single super SSB transceiver
Output power 0.2W, IF=11.2735MHz
TRX-4 Renewal(01/4/8up)
50MHz 10Hz step DDS single super transceiver
USB, LSB, CW Output 5W, IF=9MHz
TRX-5 Renewal(98/11/23up)
50MHz 100Hz step PLL single super transceiver
USB, LSB, AM, CW Output 3W, IF=11.2735MHz
TRX-6(98/08/26up)
The combination method single super SSB transceiver
Mother: Output 3W VXO method IF=7.8MHz
7L4WVU 自作アマチュア無線局

★ 1.8〜430MHz トランシーバー
★ HFサバイバルトランシーバー(ヨルダン製)
★ 7MHz CWトランシーバ- (ヨルダン製作)
★ 50MHz SSBトランシーバー
★ 50MHzSSBポケトラの製作
★ ヨルダンで作った短波受信機
★ トランシーバ(1)
★ トランシーバ(2)
★ 6146PP 50MHz 50Wリニア
★ S2001PP 50MHz 80Wリニア
★ 4CX-1000Aリニア(RF)
★ 4CX-1000Aリニア(PS)
 || IBP Beacon 14MHz ||  || IBP Beacon 18MHz || || IBP Beacon 21MHz || || IBP Beacon 24MHz || || IBP Beacon 28MHz ||